別格霊場「おうちで写経巡拝」写経奉納法要

令和2年11月3日、第15番箸蔵寺において、「おうちで写経巡拝」にて奉納いただきました般若心経の「写経奉納法要」が執行されました。

当初、奉納頂いたすべての写経は、まずは先達研修会にて「写経奉納法要」として祈願をした後、各札所寺院に奉納したいと考えておりましたが、残念ながらコロナ禍により研修会は中止となってしまいました。
よって、リモート配信の可能な札所寺院に写経を集めて「写経奉納法要」を行い、その様子をライブ配信させて頂きました。

法要開始。
会長の願文に続いて般若心経を二十一巻お唱えします。


(撮影協力:KTプロデュース 高橋様)

9名の僧侶で、260名分、2051枚の全ての写経を御祈念しました。
太鼓は、3つの札所の副住職さんが七巻ずつ交代でたたきました。

今回は、中止になった先達研修会の代わりに霊場会から皆様にも何か配信できないかと考え、いつも研修会の前日に行われている御詠歌講習の講師である、8番十夜ヶ橋のご住職からのご挨拶と御詠歌を、

同日に行われていた2番童学寺さんでの「いろは市」の様子も中継させて頂くつもりでしたが、残念ながら音声がうまく届かず、今後の課題となってしまいました。

引き続き午後の部では、霊場会長である14番椿堂のご住職からの御講話をプログラムに入れさせて頂きました。

出仕頂いた霊場寺院のうち最後まで残ってお手伝い頂いた方にも一言ご挨拶を頂きました。
どちらの札所のご住職(または副住職)かおわかりになりますでしょうか?

御奉納頂きました浄財は、会長のご挨拶にありましたように、コロナ禍により支援を必要としている方々にお渡しさせて頂きます。
また、今回御記念いたしました写経は、二十ヶ寺に分けられ奉納され、皆様の所願成就を再度御祈念いたします。

御視聴頂いた皆様、本当にありがとうございました。

別格霊場としてはなにぶん初めての試みで、改善すべき点は山積みですが、安定したコンテンツの提供の見通しが立てば、いずれは公式チャンネルを開設したいと考えていますので、その際は是非ご登録宜しくお願い致します。

11/18更新 箸蔵寺YouTubeチャンネルにてダイジェストをアップ致しました。

 

 

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks