2019年(令和元年)先達研修会

令和元年11月6〜7日にかけて、
別格霊場先達研修会が行われました。
本年の研修会の様子をご紹介致します。

本年の会場は初めての会場、観音寺グランドホテルです。

1日目の様子です。

6日は、十夜ヶ橋三好圓暁僧正による御詠歌講習と今回が第一回目の別格霊場検定、その後懇親会が行われました。

検定試験の様子です。
本年は53名の受験者がいらっしゃいました。

懇親会風景は本年も個人情報保護により自粛致します。

2日目の様子です。

7日は、朝8:00よりお砂踏み道場開場

初めての会場、受け付けから離れた二階で行われていたため、場所を見つけるのに苦労をされている方も。
案内掲示の必要さを感じました。

メイン会場です。

本年は410名の先達様のご参加を賜りました。

最初は物故者追悼法要です。

(撮影協力:KTプロデュース 高橋様)

午前中の研修内容は、新潟県より豊山派本学院住職 渋谷隆阿先生の節談説教。

(撮影協力:KTプロデュース 高橋様)

朗々とした語りと迫力ある太鼓のコラボの説法は見る者聞く者を飽きさせません。

午前の講習終了後、前日の検定試験の結果が返却されました。
全問正解、マイスター認定がなんと9名。
決して簡単な問題ではなかったはずなのですが。
他の皆様も高得点の方が多く、初回から受験される皆様の意気込みが感じられました。

午後からは、新任と現任の先達に別れての先達研修です。

新任先達に対する講師は椿堂の田中会長です。
現任先達は19番香西寺ご住職でした。

講習の後、新任先達、昇補先達の辞令授与が行われ、先達研修会の幕を閉じました。

今回の記念品は、いつものカレンダーの他、オリジナルTシャツと、令和元年記念キーホルダーです。

そして、今年の受講証(シール)は観音寺らしく琴引公園の銭形のデザインです。

皆様のお陰をもちまして、令和初の先達研修会が無事終了致しましたこと、心より御礼申し上げます。
お忙しい中ご参加を賜りました皆様には心より感謝申し上げますと共に、ますますのご活躍、ご多幸をお祈り致します。

また、今回も霊場会へのアンケートにご協力をいただき、心より感謝致します。
頂いたご意見は霊場会のこれからに向け、大いに参考にさせて頂きます。
本当にありがとうございました。

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks