御大師様の道

お大師様の心の道
 四国路の春は、お遍路さんの鈴の音とともにやってくるといわれています八十八の札所は、お大師様の開かれた霊場として、昔から多くの巡礼者を受け入れてきました。そしてまた、お大師様は四国霊場を開かれるにあたって八十八カ所以外にも数多くの足跡を残されています。それらは番外霊場として、やはり四国遍路の歴史とともに、人々の厚い信仰を集めてきたのです。
 番外札所のうち二十ヶ寺が集まって別格二十霊場を創設したのが、今から二十五年前のことでした。山奥の寺、町中の寺と様々ですが、いずれも大師信仰と切り離すことのできない縁を持っており、様々な大師説話に彩られた札所ばかりです。
 八十八カ所に別格霊場を加えると百八になります。”百八煩悩消滅のお大師様の道”が、別各霊場開設の主旨でありました。この二十五年間の間、八十八カ所に準じる霊場として多くの方々のご参詣いただいていることに、いま感謝の気持ちを新たにすると同時に、今後も、お大師様の遺徳と行跡を基本にして、お大師様の心の道として、別格霊場をさらに発展させてまいりたいと考えています。

平成三年吉日 合掌

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark