第一番 大山寺(たいさんじ)


〒771-1320
徳島県板野郡上板町神宅字大山14-2
TEL : 088-694-5525
宿泊施設 寺指定民宿有り
ホームページ

【御詠歌】
さしもぐさ たのむちかひは 大山の 松にも法の 花やさくらむ
【御真言】
オン バザラ タラマ キリク

本 尊 千手観音菩薩
開 山 西範僧都 弘法大師
宗 派 真言宗醍醐派

略縁起
当山は西暦500年頃、武烈継体天皇の御宇西範僧都の開基にして、阿波仏法最初の道場で、弘法大師が阿波入国の砌、堂塔を整えられ仏王の山号を奉り、恵果和尚より授かりし、千手千眼観自在菩薩の尊像を奉安し、四国霊場開創の根拠地とされる。寿永四年、源義経公、屋島合戦の砌、御登山戦勝を祈願、又安貞年中土御門上皇御登嶺護摩堂を建立、不動明王像を奉納、病気平癒の祈祷会を厳修される。蜂須賀侯阿波国に入国されるや尊崇厚く、御祈願所として御供田その他を奉納される。伝統四百年の力餅は、七条の城主出羽守兼仲公にまつわる行事にして現存。開運招福の寺、男女縁結びの寺として知られる。頂上は阿長讃淡紀泉河摂播備等十州を望見される景勝地。徳島百景のひとつ。奥之院黒岩大権現には弘法大師ご湧現の波切不動尊がまつられている。

案内・地図
JR高徳本線板野駅よりタクシー20分(10キロ)。または徳島駅より鍛冶屋原行徳島バスにち「神宅」下車、タクシー(電話にて呼ぶ)で15分(6キロ)神宅より徒歩の場合は、大山野外センターか四国の路の標識に従って車道を登る。旧道は季節によって草が茂っている。また、道を尋ねるとき寺の正式名称よりは、通称の「おおやまさん」の方がよくわかる。車の場合、阿讃東部広域農道より大山野外センターか四国の路の標識に従って大山寺へ。ただし、寺の手前500メートルくらいのところで野外センターへの路と寺への道とが分かれているので、そこからは寺の標識に従う。駐車場あり。

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

コメント

第一番 大山寺(たいさんじ) — 1件のコメント